スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私やっぱり日本人 ~ペナン・KL旅行~   
1週間、友人ボンとマレーシアの
ペナン島とクアラルンプールに旅行してきました。
ここまで書かんくても、ってくらいタラタラとした日記。
タイのとき同様、ボンがお風呂の間ヒマやったから書いてた。笑

よっぽど暇とか近々マレーシア行く予定ある人は
読んでもらえたら嬉すぃ~

10月30日(火)

朝早めに起きて、今日から旅行!!
バッチシ準備して関空に!
関空着いたら早速迷子になった。電車で行ったんやけど、
改札でてから間違えて反対方向のホテル行ったり駐車場入ってしまって
うろうろしてました、、

ボンちんに会って、お金を両替することに。
でもマレーシア通貨は取り扱ってないらしく、
KLの乗り換えで両替しよう、ってことにした。
そう、この時はまだKLでしか飛行機を降りひんと思ってたから・・・。

いざ飛行機に乗ってみると、な、なんと!!
6時間後シンガポールで降ろされた。(笑)
経由地らしくて清掃かなんかのため1時間半も空港で待つ。
お金は・・・持ってないから免税店で買い物することもできず。
やっと飛行機に乗れたと思ったら寝る間もなくKLについた!
さぁーこっから乗り換えだぁー。
KLは11月3日に泊まる予定で今日はペナン島まで行くねん。

国内便に乗るには一体・・・
結構迷う。
でも英語が通じて、よかった。
やっとの思いで人が少なすぎる国内線の待合室に到着。
さぁ、うちらの便はB4ゲートってさっきのおばちゃん言ってたから、
めざせB4ゲート!!!!!!!!
ついたぜ、やるやんっ、うちら。
っておよ~~~~。変更って書いてる。
めざせーB2ゲート!!!!!!!
確認!B2ゲート22時45分発でちゃんとあってる!
一安心。
と、ここで1時間半くらいまた時間が余った。
何する?ってことでんじゃヒマやし両替しにいくことに。
でも国内線に両替はない。
一旦空港の入口まで戻って、迷って迷って迷って迷って、あった!
POST OFFICE!
ってあぁあぁ、もう閉まってるぜ。
インフォメーションでお姉さんに両替の場所きいて、
新しく両替所を探す。
無事両替できた。

そして空港の入口まで出てきてしまってた私たちは、
また荷物のチェックと身体検査をされなおし、B2ゲートへ。
長い道のりやった。
でも、飛行機には余裕で間に合いそう。
って喜んでたら飛行機が遅れた。
for no reason...
パイロットもCAもみんな遅れてきた。
遅れた理由を述べない。
いさぎよいぞ、言い訳しないなんて。
しかし、失礼だぞ、謝りもしないで!
私もボンも夜遅くて疲れてるってこともあってプンプンでした。

ペナン島には0時30分くらいに着いて、
案内人の張さんと出会う。
雨季のせいで半洪水の中、ホテルに連れてってもらって
やっと眠れると思ったら部屋のセキュリティーボックスがぶっ壊れてて
使いもんにならず、またプンプンする私たちでした。

明日は8時に起きて一日ゆったり遊ぶのです。


10月31日(水)

ボンがカーテンをのぞく音で起きた。(笑)
今日はくもり!やった!ノー雨!
20071105200045.jpg



着替えてフロントにセキュリティーボックスのクレームいれて、
ごはん食べてプライベートビーチへ。
うーん、海!貝がいっぱいながれてたーー。
白い普通の貝なら分かるんやけどムール貝もいっぱい落ちてた。(笑)


20071105201841.jpg


10時になって昨日ホテルまで送ってくれた張さんがきてくれた。
張さんの車で朝市へ出かける。
魚とかチキンとか果物とかがいっぱい!
きっと新鮮なんやろねぇ~。

20071105202233.jpg
20071105202312.jpg


張さんがココナッツをおばちゃんから一口もらってうちらにもくれた。
食べる。
ふつうにココナッツ。おいしい。
でも足元みたら、日本でみたことがない形と色のゴキブリが・・・
みんな素無視。
よけてるのはボンと私だけ。
つづいて、屋台へいくつか連れてってもらった。
そこではお世辞にも清潔とは言えへんやきそばとアイスティーを
おごってもらう。

20071105202103.jpg


ボンとこっそり、「氷の水があたるかもしれんから、溶ける前に飲も」
とちょっと気をつかってみたり。
でも張さんは持ち帰ってホテルで食べ、って言うからそれは遠慮した。
あとは小さいスーパーみたいなとこでお店の中を歩いてたら、
張さんが「これ以上来たらだめーーーーーーーーー」
て言うから何事かと思いきや、
羊と牛を裏でさばいてたらしくて生々しすぎるらしい。
「あれみたら嫌いになるね」
って笑ってはった。店員さんもやめとき、って首ふってた。


20071105202146.jpg



張さんの車にまた乗って、今日これから何する?
って話した。
マリンスポーツは時間かかると思ってたから
明日か明後日の予定やってんけど、
なんでやったかきっかけは忘れたけど急遽今からすることに。

ホテルに戻って水着に着替えて、
12時にブンさんって人が迎えにきてくれた。
ちょっと怪しそうな顔つきのおっちゃんでブンさんだけかと思ってたら
ブンさんの助手席にはもっと怪しいいかついおっちゃんが乗ってた。

その怪しい二人の後部座席にボンと私が乗って、
「命の保障はないな・・・」とボンも私も思うのでした。
おっちゃん二人と私たち二人の4人って。。。
このまま山奥に連れてかれてレイプでもされてどっかの
遠い国に売られていったらどうしよう、って心配になってった。
二人はNOシートベルト、NO履物やった。
日本であったら絶対に近寄る勇気ないし、
この人らの車にのった、って言うたら親が心配するやろなとも思う。
人をみかけで判断するのはあかんけど、失礼やけど、ガラ悪い。

マリンスポーツのビーチに着いた。


20071105201224.jpg


もっとガラの悪い人らが待ってた。
その人らに「服ぬげ」って言われて若干ためらいながらも
「ま、やらしいことされるんやなくてスポーツやし・・・」
とここまできたら諦める。
そして早速ジェットスキー!
私は「タニムラ シンジ」と名乗るおっちゃんに指名されて
シンジと二人でジェットスキーの旅に。
ボンはロンさんってお兄ちゃんと二人でジェットスキーの旅に。

私はシンジに後ろから抱かれる感じでジェットにのりこみ、
ブイブイ波をきるのでした。

しばらくして席交代。
シンジが前、私が後。
これまるでカップルのようですごい嫌やった。
私はシンジのお腹に手をまわすよう命じられ、
おせっかいとはわかってながらも、シンジのメタボを心配する。

するとシンジが「アヤカ、ウンテン」ってまた席交代。
前に移動して免許なしの私が運転することになった。
スピード出すの好きな私は調子にのってアクセルをめいっぱい握った。
そしたら後にのっかるシンジが落ちかけた。(笑)
シンジもさすがに怖いらしく、私の腰をつかみはじめた。
「いや!これセクハラちゃうん?!」
って内心思いながらも、セクハラちゃうな、と言い聞かせてたら
「アヤカ、オシリ ニク イイネ」
とシンジの発言!!!!!!!!
めちゃくちゃ嫌になってきて、どうしようかと思ったけど、
沖の方まできてるし、浅瀬に戻ったところで
シンジの仲間しかどうせおらんからもうええわ、
と「どうも」って答えといた。

半セクハラジェットスキーが終わって、次はパラセーリング!!
モーターボートにひっぱってもらってボンと私は
ヒモ数本で上空100Mまで飛ばされる。
(たぶん100Mくらい)

こわい。。。。

ボンはきゃひきゃひ言うて喜んでたけど、
確かに上から見る海はキレイやけど、
こわい!!!
もう一生やらへん。
パラグライダーは怖くないのに、パラセーリングはもういや。

待ちに待った着陸。
着陸のとき、手にもってるヒモをひっぱって風を調節するねん。
そしたらゆっくり降下するってわけーーーー。
が、が、が、ヒモを引っ張る指示が出ることなく地面が近づいてくる。
ボンと私のパラシュートは砂浜にそのまま降下。
いや、落下!!!!!!!
落ちた瞬間ボンも私も「痛いーーーーーーーーーーーーーーーー」

あたりまえやし。
高いとこから飛び降りたら足にジーンてくるやん?
あれといっしょ。
よく足の骨おったり挫いたりせんかったと思う。
思いかえすとほんまに恐ろしい。AWAS!

うちら二人が「痛い」「痛い」と文句言うのがうるさいのか、
シンジの仲間の一人が「ツギ アレ」とバナナボートを指さした。
バナナボートは嬉しいけど、まだ痛いねん、足。
しかもジェットと、今の上空飛行から休憩なしで手に力いれっぱやから
手に豆が・・・(笑)
バナナボートにつかまるのは、他の二つに比べたらリラクシングやけど
それでもやっぱり疲れた。
だってボン足ふらついてバナナから降りるとき海に落ちたもん。(笑)

バナナ降りてやっぱり休憩なしで次はモーターボートに誘われる。
まったくせわしない。

でも私たちがモーターボートで向かう先は、すごい楽しみにしてた
モンキービーチ!!!!!!!!!
野生のサルがおるねん!
モーターボートに15分くらい乗って島についた。
サルに思いっきり威嚇される・・・
悲しい。日本から会いにきたのに・・・。しゅん。
サルが威嚇するなか、シンジに案内されるがままに、奥の方の
川まで裸足でつれてかれる。
服はきてないし、裸足やしで蚊にさされて顔が少しはれる・・・
でも海でプカプカ浮いて遊べてよかった。
コレ↓モンキービーチ。きれいでしょ。

20071105201959.jpg


モンキービーチの観光がおわって、元々いたビーチにまた戻る。
あ、これシンジとシンジの仲間の後ろ姿。
左がシンジ。

20071105200128.jpg


ビーチでお昼ごはん。
って言ってももう3時くらいやねんけど、お腹すいたー。
ボンはラム肉、私はfish&chips を頼んだんやけど変な味の魚やった。
変っていうか、食べた事ない味。
サバみたいやけど、甘いような辛いような、生臭さも少し・・・?

20071105201724.jpg

20071105201517.jpg


↑はmyバナナジュースとボンのオレンジジュース♪

あぁ、楽しかった。
楽しすぎて17時~21時半くらいまで寝てしまって、そのあと
しばらくしてバルコニーでたそがれ。
んで、ヒマやしプールサイドでボーっとすることにしてんけど、
イスラム系の人たちがビンゴ大会してはってそれをながめてた。
んでからホテルでハロウィンパーティーしてたから行って、
バーでカクテル飲んで今日はほんまに思い出たっぷり。

11月1日(木)

「おっはよ~~~~~~~」と元気よく今日もあいさつ!
って思ってたけど、残念ながら、そんなことはなかったのです。

できればこの日の出来事は書きたくないし思い出すのも辛い。
でも、すごいお世話になった日やから正直に、
覚えてる限りのことを全部書きます。。

お腹が痛くて起きました。(笑)

キュル、キュル、キュル、ドーーーーーーン

絶不調。何かが起きた感じ。
とりあえず不安でしかたないのでラッパのマークの薬が飲みたい。
そのためにも食事を・・・
と朝食に行くけど、シリアルとちっちゃいバナナが精一杯。
胃が痛い。そして気持ちわるっ・・・
と吐き気がしたと同時にシリアルを床にこぼす。。
ホテルマン横目でシリアルと牛乳をふく私を見ながら手伝ってくれん。
でも床にも服にもこぼれて私は必死・・・。
結局ボンしか後始末手伝ってくれへんかったし。

部屋に戻って倒れるようにベッドに寝転び、
ボンが清掃の人に「give me blanket」と頼んでくれる。(笑)
ありがとう。。
そして水が足りんくなって、
ボンが一人で離れたコンビニまで買いに行ってくれた。
途中こわい人がおったらしくてダッシュやったらしい・・・。
もうしわけない・・・
一人カフェもせんボンが私のために、私のために、うーうー。

ボンがぱしりとなるくらい私の体調はほんまに悪く・・・
お昼過ぎてもどんどん悪くなる一方で、結局病院へ。。。タハ
タイ行ったときのメンズの二の舞にはなりたくないって
気をつけてたつもりやったけど、症状はあのときの彼らと同じ。
もうラッパのマークの薬なんて体内から出てたし
それじゃ効くわけないし現地の薬が早急に必要でした。

いろんな所に電話して、Island Hospitalにお世話になることに。
予約の電話したとき、12時やったんやけど、
「We are going to lunch break now, so come at 2 o'clock」
と病人の私は突き放され、更に電話切る前に、
内科と胃腸科どっちがいいか聞かれた。
そんなんそっちで考えてくれ・・・
って思いながらお腹は痛い。

ホテルのおっちゃんにタクシーを13時半に呼ぶようにお願いして、
部屋で待機。
腹痛と吐き気と戦う・・・
ボン先生は「昨日何食べたっけ?!熱ない?頭痛は?寒気は?」
とありとあらゆる症状を洗い出そうとしてくれる。
でもやはりボン先生にはわからない病気らしい。(笑)
「体温計もってきたらよかったーー」と後悔もしてくれた。

首を長くして待って13時半となった。
ロビーにおりてみる。
タクシーがまだみたい。。
するとタクシー頼んでおいたおっちゃん、
恩着せがましく「タクシー電話してもなかったから今大通りでひろってきた。はやく乗っていきなさい」
って。
おい。。1時間半も前に頼んでおいてタクシーがずっとなかった?!

タクシーに乗り込んだの結局2時。
ふざけるなぁーーって腹たったけどもう仕方ない。
予約してるけど順番飛ばされてるかも、待たされるかもなぁ。
って覚悟で病院にむかう。
ボンは何も言わず横についててくれた。

やっと病院についたら、通訳のマレーシア人のおばちゃんに
「アヤカサン、ダンドリワルイ!」と怒鳴られる。
段取りも何も、何をどうしたらいいのかわからん私は
ずっとおばちゃんの前で腰を低くしてました。
保険の用紙を記入するときも、身分証明するときも、
ずっと怒鳴られる私・・・ 胃はキリキリ。

やっとお医者さんと対面。
昨日の屋台のアイスティー、やきそば、ごきぶりのココナッツ、
ビーチサイドの変な味の魚、夜のカクテル・・・
考えたらなかなか危険なものしか食べてないなぁ、と恥じながら
すべてを正直に申告し、
「ホテルが寒かったからお腹冷えただけかも!I have cold!」
って言ってみたけど
「NO!! 100% food poisoning! I'll give you medicine」
とお医者さんに言われる。5分くらいで診察終了。
ラッパのマークがお手上げのこの病気を5分でかたづけるなんて。。。

20071105202418.jpg

↑もらった薬と、黄色いのが記念の診察券。

今日は苦しんで一日おわりかぁ~。つまんねー。
って思ったけど、
一番かわいそうなんは何も悪くないのに病院に付き添っただけで一日が
おわりかけてるボンさん。
なんとも言えず申し訳ない気持ちでいっぱいになって、
ナイトマーケットに行こう、と誘ってみた。
そしたら「まだ安静にしてなさいっ!!」ってボンに言われた。
ホテル帰ってベッドでごろんとしてたら再び腹痛が襲ってくる。
ボンの言うこときいておいてよかった。

晩御飯は「フライでもなんでも乳製品以外ならOK」
と医者が言うからボロネーゼ食べたらまた更に具合が悪くなった。

でもやっぱり18時半頃、出かけたくなって
ホテルのプライベートビーチくらいなら大丈夫やろうと散歩に。
セキュリティーのお兄さんに
「夜は砂浜の奥ジャングルになってるから危ない!行くな!」
とマレーシア風英語でとめられて、
そのままよーわからん言語でお兄さんと30分くらい話した。
写真もいっぱい撮ってくれはったし、いっぱい現地のこと教えてくれた
のはいいんやけど、お兄さんと話してる途中すごい気持ち悪くなって
早く部屋かえりたいなぁ~。。。って思うのでした。。
疲れた。
ボンさんもお疲れの模様。
そりゃそうやろ、と思う。
一日私が苦しむのをみてて、なんとも思わんわけないやろし。
ボンにたくさん迷惑かけた日でした。

明日はもうペナン島、最後の日!
お買い物にでかけられるといいなぁ・・・。

11月2日(金)

寝ても寝てもトイレが何回も夢にでてくる。悪夢。
お腹は少しマシ。でもやっぱり痛い。
でもお昼前にはだんだん良くなってきてた。

今日こそショッピングに行かなくては!
Island Plaza まで昨日病院つれてってくれたタクシー呼んで、行く。
ピアス以外収穫はなく、そのままGurney Plazaってとこまで歩く。
15分でどれくらいの排気ガスを吸ったやろ。
健康的な散歩とは言えへんかった。
でも車に乗ってるだけやと気づかへんいろんなことってあるやん。
それが楽しかった。
Gurney Plazaには宝石店とかがいくつかあって、
セキュリティーのため、お店の前に猟銃もったおっちゃんがおるねん。
ボンが「誤って流れ弾にあたったり、あの銃を奪われることないん?」
ってぼそっと発言。
そんなん言われたらだんだん怖くなってきて、
どうせ宝石なんて買われへんねんしあこには近寄らんとこ、
って逃げるように退散。

コムタって言うところに次移動するために再び運転手をよぶ。
コムタは治安が悪いらしくてとにかく気をつけろ、
と運転手から注意を受けた。
着いてみると、意識しすぎてたせいかこわかった。
人相悪い人たちとひたすら汚いトイレばっかりで、
やっぱり小心者なのか私たちはここに長居できずホテルに帰ることに。
結局何も買い物せず。

11月3日(土)

今日からクアラルンプール!
10時40分の飛行機にのるために6時起きで。
7時頃、朝ごはん食べに行ってイスラムの人たちにまざる。(笑)
プールサイドでモーニングってのももうこれで終わり。
ちょっと寂しい。でも食事に未練はなく、ホテルともさようなら。

KLに1時間のフライトで到着。
ウィーさんっておじさんが迎えてくれてベンツに乗り込んで市内に。

やっときたかぁ!!!!!!
セレブリティーーーーー!!!
i was waiting for this!!!!!!

空港からKL市内までは、やしの木だらけ。
やしの木が集まるに集まって、森やら山になってるねん!!!
これにはビックリ。
だって杉とかやなくてやしの木やでっ!かっこよすぎやろ。
写真とっとくんやったー。写真がない。

予告どおり1時間でホテルについた。

ビックリーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!

めちゃ豪華!!!!
ホテルをランクアップした甲斐ってもんがあった。
すごいキレイなお高級ホテル。
これぞ学生界のせれぶりてぃー。
だってお客さんで学生ってほんまボンと私だけ。
みんな大人やんっ~♪
すてき~~~うちらも大人の仲間入り。
これこそ贅沢。

着いて早々プールサイドを散歩したり寝そべったり、
意味なくシャンデリアの下の螺旋階段をぐるぐる上り下りしたり
田舎っぺ丸出しで探検しまくった。(笑)

ホテルに満足したところでKL市内の観光に。
KLタワーとツインタワーの辺りまで。
ここでもあまり買い物はしてないけど、
とにかくすりには気をつけた。
ま、カバン切られたところで財布が出てくる前に
Island Hospitalの大量の腹痛止め薬がポロポロ出てくるだけやけど。
1週間分処方されたからまだまだ残ってます。
下手したらドラッグと間違われへんかってそっちが心配やけど。

17時半ごろからまたホテルむかって歩き始めた。
ホテルが都会にあると便利。
でも、常に人に警戒しながら歩くのが疲れる。
ペナン島ではシンジのようなおじさんも、
道行く人もみんなテキトウに話かけられてたのに
KLでは話しかけられても無視しろだなんて。
でもマレーシアの人は(特に男の人は)すごい親切で笑顔がすてき。
困ったらすぐ助けてくれるし道きいて「さんきゅー」
ってこっちが去ったあとでも「bye~~」って言うてくれる。
だからマレーシアの人すき。

あぁ~ホテル最高~~~~~。
ペナンのホテルで4泊したけど、
実はずっとベッドがアンモニア臭かってん。
ここではそんな悩みもない。

明日こそ買い物いっぱいしやな!
明日の夜、日本に帰る飛行機に乗ります。
味噌汁と海苔とごはんと難波のたこ焼きが食べたい。

11月4日(日)

高級ホテルの朝食を味わう。
今までと全然ちがう美味しさにボンも満足そう。
食べられるものが限られてる私のお腹にもやさしい。
ここのホテルには現地の人があまり泊まらんのか、
ペナンではイスラム系の人たちばっかやったけど、
ここでは1組しかみーひんかった。

朝ごはんが終わって早くもチェックアウト。
さみしいーーーーー。
ボンは本気でチェックアウトするのを嫌がってる。(笑)
スーツケース預かってもらって、昨日とは違うショッピング街へ。
この旅はじまってまだほとんど何もかってないから、
今日こそほんまに買い物せんと!と気合たっぷりでモノレールに。
とその前に横断歩道さえもうまく渡れず・・・

モノレール乗ったら超アウェー。
ホテルにおった西洋人をなつかしく思うくらい
またイスラム系の人たちにまみれてガッタンゴットン。
「モノレール落ちひんかなぁー」とボンがまた心配をする。(笑)

ここからいくつか買うもの買って、
ランチは香港だかマレーシアの有名人を眺めながら食べた。
でもボンも私も知らん人や。
現地の人らはカメラかまえて大騒ぎやったけど、私たちふつう。(笑)

疲れてマッサージをしてほしくなった。
でも探してもどこのもみやさんもいかがわしいから断念。

時間余ってたから用はないけどモノレールで終点まで行ってみたり。
そしたらKL市内やのに汚いところまで来てしまって、
ここにはよー住まへんなぁー。
と東南アジアの貧富の差が激しい現実をただながめる。

18時前になって空港に出発する時間に。
昨日さんざん
「18時出発やから30分くらい前から用意してて!
 絶対時間守ってください!18時集合じゃなくて出発ね!!」
ってしつこく言われたから待ってた。

ギリギリ行動大嫌いなボンさんと、
その連れの私は16時からホテルで待機してた。
(ってただ疲れてて帰ってきてただけやけど。笑)
ボンは17時50分の時点で「今こーへんってことはもう来へん気する」
と弱気に・・・・
「まだ10分あるから待ってみよう」と元気づける。(笑)

時刻は18時に。
迎えがこない。

結局18時15分くらいに来はった。
そして謝らない。

マレーシアの人みんながみんなそうとは限らんのやろけど、
ボンと私が接するマレーシアの人みんな時間にルーズすぎる。

空港むかう車の中、
「あーほんまにこれでマレーシアとお別れかぁ。寂しいなあ。
もう日本かえるんやなぁ~~」と窓の外を眺める私たち。
ふと車の助手席みたらさっき遅れて迎えに来た案内人、寝てる・・・!!
なんやねんっっ!!
遅れてきて何も言わず、それで車乗ったら寝るんかいっ!!!
ほんま空港くらいボンと私二人で勝手に行けるから来ていらんかった。

空港ついて最後の食事はスタバ。
やたらハイテンションなレジ担当に驚かされる。
食器片付ける人はボンいわくオカマらしい。
なかなかおもしろい人採用しはるなぁー、
とマレーシア最後の思い出になったとケラケラ喜ぶ私たち。

免税店でチョコと化粧品買ったらレジ行ったとき
10リンギット(マレーシア通貨)足りひんくてボンにお金をもらう。
最後の最後まで私はボンに世話かけるなぁ~と反省。
そしたらだんだん頭痛と吐き気が・・・
やばそう。でも飛行機まであと30分!!!

やばいっ!

なおらんかなぁーって期待したけどどんどん気持ち悪くなって
ボンに「モーリー大丈夫?」と心配される。
「私・・・暗い?」って聞いたら
「う・・・うん」て言われた。
ボンが「う・・・うん」って答えるときって、たいてい正直に
うんって思ってるときで、なおかつ「どうしよう」って
ボンペースで焦ってるときやと思う。(笑)

変な味と思いながら魚食べてお腹こわして、
計画性のない買い物してお金たりんくなって、
最後にまた飛行機のるころになって吐きそうな私。。
そんなアホな私についてなあかんくて、ボンはほんまに
気疲れしたやろなぁ。すんません。

帰りもシンガポール経由で一旦飛行機おろされた。
すごい雷雨でまた飛行機遅れたし。
なかなかトラブル満載。

でもあんな雷ピカピカしてて、
雷の方向に鉄のかたまりにのってむかってくのって不思議。
自殺行為に思えるけど、べつに雷にうたれへんかったなぁ。
なんでや?

11月5日(月)

日本到着。とりあえず眠たい。

マレーシアはなんでかすごい眉毛がよく伸びる国やと思う。
1週間の滞在でよく伸びた。
ボンは爪が伸びたという。
何かパワーを感じる。

私は家に帰って眉毛カットを、ボンは爪を切る必要があった。
1週間お世話になって、ずっと共に行動をしてたけど、
とうとうお別れ。
さみしいけど、
早くボンを私から開放させてあげたい気持ちもあった。(笑)
病人と二人旅は疲れたでしょう・・・。
休んでください。

マレーシアでのいろんな人との出会いはステキやった。
マレーシアたくさんの思い出をありがとう!
そしてボン、ほんまにありがとう!!!

楽しい旅でした♪


P.S. 病院に行った日から写真を全然とってません。
    だってそんな気力なかったもん♪
    たぶんボンがアップしてくれるかな☆(笑)
スポンサーサイト
                                    
              
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。